茶道具の香りは古き香り

骨董は最高

茶道具の香りは古き香り header image 4

絵画買取で1万程度の値段がつきました

2013年05月10日

美術館に飾ってあるような名画が欲しいと考えている人達って、
きっと多いだろうと思います。

世界中にいるでしょうね。

あなたも、美術館に飾られていてる、あの素晴らしい名画が欲しいと、
どこかで感じているかもしれません。

私だって、機会があれば、
あんな素晴らしい絵画を手にしてみたいものですね。

しかし、かなりの金額になるでしょうから、
私のような普通のサラリーマンでは、無理だろうと感じています。

絵一枚に数百万という金は、流石に使えません。
1万とか2万の絵画でないと、購入は厳しいです。

数百万出すなら、新車の一台や二台を買った方がいいかなって思いますね。
もしくは、結婚の費用にでも回した方がいいです。

絵画といえば、昔の話ですけれど、
家にあった絵画を買取してもらった事があります。

私が所有していた絵画は、そんなに値打ちのある物ではなかったのですが、
とある専門店で買取を依頼した所、1万程度の値段がつきました。

悪い値段ではないと感じた私は、即決で現金に換えました。

実際に売ってみないと、どれぐらいの値段で売れるのかは、
素人では分からないものですね。

タグ :

茶道具を高く買取ってもらって、迷いは一瞬で吹き飛んだ

2013年05月08日

香合というのは様々なデザインがあり、美術品として、
茶道具店や骨董屋から、購入されるコレクターの方もいるでしょう。

そのデザインの美しさは、見ていて本当にうっとりしてきます。
色々と集めて鑑賞したくなる気持ちも分かります。

私も金があるなら、色々と集めて楽しんでみたいものですね。

香合の使いみちですが、お茶会に使われる方もいます。

茶道具として香合を購入される方の場合、
専門店で骨董品を探す方もいるんじゃないでしょうか?

しかし、購入する場合、骨董品の物は値段が高いですから、
ある程度、金持っている人でないと、なかなか手が出せないでしょう。

茶道具の専門店では買取を行っており
コレクションの一部を手放して売る方もいます。

私はちょっと昔に、香合をとある専門店まで行き、
売った事があります。

売った理由ですが、増えすぎたからです。
また、金にちょっと困っていたからです。

この二点が売った理由です。

売るのは正直言って、戸惑った部分がありました。
どこか惜しい気がしたからです。

しかし、専門店に持っていき、高く売れた瞬間、
その迷いは一瞬で吹き飛んでいきました。

タグ :

骨董の買取後、横浜の中華街で肉まんでも食べようと思った

2012年11月02日

骨董を買取って欲しい時に、多くの方が利用されるのが、
買取店だろうと思います。

定番中の定番ですよね?

私は横浜の近くに住んでいて、ある骨董を買取してもらった事があります。
その時、売った物ですが、掛軸と茶道具です。

どちらも、もらい物なんですが、全然、使う事がなくて、
邪魔になっていたので、売って処分しようと思ったのです。

しかい、処分しようかどうか、正直にいって、
かなり悩んだ部分はありました。

なぜなら、もらい物を売って金に換える事にどこか罪悪感があったからです。

私は売るのは、やっぱりやめた方がいいのかなって、思ったのですが、
使わない物を家に置いておくのも、どうかと思ったのです。

私は最後は決断をしました。
そして、骨董を売って処分するために、買取店まで行きました。

そこで持ち込んだ骨董を鑑定してもらい、
私はその査定金額に満足しました。

その後、買取してもらった事で、
二万円ほどの金をゲットしました。

ゲットした金を何に使おうかと、考えた所、
横浜の中華街で肉まんでも食べようと思ったのです。

中華街の肉まんってものすごく美味しいんですよね。

タグ :

骨董品としての茶道具は高価買取される

2012年08月09日

骨董品として茶道具を集めている方も、中にはいると思います。

しかし、骨董品としての茶道具は、物によっては、
異常に高い値段が付きます。

何十万という金が飛び交う世界です。

こういった世界で、金を出して売買出来る方は、
金持ちでないと、まず無理だろうと思います。

私達のような一般人は、新品の物でないと、
なかなか手が出せないでしょう。

私はある茶道具を買取してもらった経験があるのですが、
その買取金額は、数万円でした。

そんなに値打ちのある物ではなかったので、
妥当な価格だと私は感じました。

悪くない値段だったので、私は売却を決めました。
物を売る事ができて、けっこう嬉しい気持ちになりました。

何十万という値が付くような物を持っている方は、
そんなには多くないとでしょう。

しかし、もしかしたら、あなたの家には、
素晴らしい物が眠っている可能性もあります。

もし、心当たりがあるなら、一度、
鑑定してもらってはどうでしょうか?

びっくりするような値段が付いて、大喜びできるかもしれませんよ。
鑑定するのに、金が掛かる事はありませから、
とりあえず、試してみるといいでしょう。

タグ :

勝海舟の骨董の掛軸は高い額で買取り

2012年06月27日

江戸時代からこの辺りに住んでいる江戸っ子です。
ご近所さんもみんな顔見知りです。
浅草あたりは祭りになると仕事が手につきません。
あんまり神輿に力入れ過ぎて、仕事が疎かになってしまいました。
仕事で「大穴」を開けちゃって急遽お金を作んなきゃなりません。

家には幕末の家臣だった勝海舟の掛軸があるんです。
そいつを骨董の買取専門業者に出して急場しのぎと行くことにします。
勝海舟の掛軸は、幕末から明治の初期に書いたものらしいのですが日付は分かりません。
軍人らしく力強い筆運びで書きあげています。
金箔を貼ったお軸はこれだけでも高そうって気がします。

買取専門業者に骨董の掛軸を見てもらうと本物かどうかを調べるようです。
すぐには決まらないみたいなので預けて一旦帰宅。
夕方に顔を出したら査定の金額が出ていました。
「紙本二行書幅 大巻 二重箔付」
「勝海舟の書に間違いありません」
随分と高い額で買取金額を出してくれたようです。
こちらはピンチの時なんで「ありがたい!買取ってください」ってお願いしました。
これで急場をやり過ごして地道に商売します。
骨董の勝海舟の掛軸を遺してくれたご先祖に感謝です。

タグ :

古書の買取方法は複数あります

2012年05月23日

読書が趣味の方は、かなりいると思います。

誰かに自己紹介する場合、読書が趣味だと答える人って、
本当に多いですよね?

本というのは、求めている人が多く、
買い手というのは、常に存在するものです。

特に古書に関しては、希少性が高いため、
のどから手が出るほど、求めている方もいます。

そのため、高い値段が付く事もしばしばです。

私は古書を集めるのが趣味なのですが、
持っている本の中には、飽きてしまった物もあります。

そういう本は、専門の業者に買取してもらうのが一番だと思い、
売った事もあります。

売るのはとても簡単です。
誰でもできるでしょう。

業者を探して、そこにお願いするだけです。
直接、本を持ち込んでもいいですし、宅急便買取でもいいのです。

もちろん、出張買取でも構いません。
あなたにとって、都合のいい方法で売却すればOKです。

私の場合、出張買取を依頼して、それで処分しました。
意外といい値段になったので、得をした気分になりました。

あなたも何か古本をお持ちなら、
売ってみてはどうでしょうか?

けっこう金額になるかもしれませんよ。

タグ :

ボロボロの刀を買取して貰う

2012年04月20日

先日父親と一緒にボロボロの刀を買取して貰ってきました。

ずっと物置に閉まっておいたので手入れなど全くしてなかったので
かなり錆びていてしまってたようです。

いつのころからかあったのかわかりませんが家にあってもしょうがないので
父親が売りに行こうと言ってきたのですがこんなボロボロの刀が売れるのか?
と心配していましたが1万円で買取って貰えたので一安心でした。

そしてそのボロボロの刀を買取して貰ったお金を
お小遣いとして父親が僕にくれたのです。

ラッキー!これで欲しかった物を買おうと思って
インターネットオークションで色々見てたのです。

ちょっと前から気になっていたキーケースがあったのですが
それがかなり安く出品されていたのでこれは買いだなと思って勢いで購入したのです。

今まで買えなかったわけではなかったのですが
買い物をするきっかけがなかなか無かったので今回は父親がお小遣いをくれたので
それを機に買うことにしたのです。

買うのも売るのも勢いも大事ですよね。

オークションで買ったキーケースをよく見てみるとなんだか変なのです。
友人に見せてみるとどうやらこのキーケースは偽物だったみたいです。

当然出品者に連絡をしたのですがもう遅かったです。
連絡はとれず返品も出来ない状態でした。

やっぱり売るのも買うのも勢いだけではダメみたいですね・・。

タグ :

古書の買取で部屋の整理もできる

2012年03月19日

手軽に金を得る方法。
それは不要な物を売ることです。

売る方法にはどんな物があるのでしょうか?
ネットオークション、バザー、リサイクルショップなどがあると思います。

私は金を得るためには、古書の買取業者を利用した事が、
昔ありました。

その当時、私は本をかなり持っていました。

自分で買った物もあれば、知人がいらないからといって、
ただでくれた物もありました。

そのため、家の中には本が多過ぎて、
ちょっと整理に困っていたのです。

このままでは、物を置くスペースがなくなってしまうため、
私はある決断をしました。

思い切って、不要な本を処分しよう!

こう考えたのです。
本の中には古いものが多かったので、古書の出張買取サービスを
利用する事にしました。

出張料は無料でしたので、私は安心しました。

買取に来て下ったさった方に、売りたい本を差し出して、
見てもらった所、全部で三万ぐらいになりました。

かなりの数の本があった上に、古本として価値のある物が
いくつかあり、この値段になりました。

このように、部屋の整理ができて、金ももらえる。
古書の買い取りって、すごくいいですね。

タグ :

骨董品の銀盆は高額で買取

2012年03月02日

若いころ画家になりたかった父は、第二の人生に多くの油絵を残しました。
ただし、父の遺した絵は趣味の域を出ることはありませんでしたが。

父が遺した画材と対象物を処分することになり、
それなりに調べたところ画材や彫刻系のものは
父が通った絵画教室に寄付することが出来ました。
父が最も描いた銀皿と木製の卵は
骨董品を扱っているところに売却しようと探しました。

先日、骨董品の買取専門業者に持っていき査定をしてもらいました。
大皿は「銀盆」と呼ばれ、卵は「イースターエッグ」と呼ぶそうです。
銀盆は厚い銀製で出来ていて、外周にはくどいくらいの彫刻がほどこされています。
古そうな彫刻でまさに骨董品の感じがします。
イースターエッグは卵に似せた木製の小物で鮮やかに彩色したものです。
1927年のロシア革命の頃の高級品だと言っていました。
最初に画材として買った父も高い価格で買ったのでしょう。

結果、銀盆の骨董品としての価値みて、高く査定をもらい高額で買取して頂きました。

重厚な銀盆の上に、ふんだんに盛ったイースターエッグ。
父が好きなモチーフでした。

タグ :

家内の薦めで晴れ着を買取専門業者に

2012年02月24日

七五三の写真撮りを終えた息子の晴れ着姿。
それぞれの両親と仲人さんのところに届けました。
黒い着物と白い肌にピンクのほっぺた。
親バカかもしれませんが凛々しい写りです。

ひと段落してから頂き物の晴れ着の処分の話になりました。
もう晴れ着は必要なくなり誰かに譲ろうと思いましたがこの時代。
知り合いに「晴れ着いりませんか」とはなかなか聞けないものです。
貰った方も気を遣って何かと面倒臭いかもしれません。

家内の薦めもあり着物の買取専門業者に買取をお願いしました。
一応は査定をしてくれるということで、その後買取額を教えてくれました。
着物の買取専門業者の方が言うには結構良いものだと言っていました。
「黒地の男児祝着は上下の揃いですね。
金太郎や桃太郎それに駒や太鼓とかの縁起物が描かれた羽二重です」

もともと我が家の実家にあったものを貰ったんですが、
ウチの爺さんから四代にわたる晴れ着は昭和初期の骨董物だそうです。

家内と話しあって買取専門業者の方から受け取った買取金で
「今年の夏の浴衣のお揃いでも作ろうか」と言うことで落ち着きました。

タグ :